離婚協議書と離婚公正証書

離婚協議書は、離婚した後に子供のことをどうするか、養育費や慰謝料など金銭的なことはどうするのかなど離婚したあとのことをいろいろと決めた文書のことです。
離婚するときに夫婦で話し合って作成するのですが、文書を作成することよりも、離婚後に離婚協議書で定めたことがきちんと実行されるかが重要なので、良く良く話し合って作成しなければいけません。
また、この離婚協議書には強制執行力がありません。
支払いが滞った場合などは裁判をしなければいけないようになっています。
そのため、離婚協議書を強制執行力を持っている離婚公正証書にしえおけば、裁判をせずに強制執行ができるようになります。
後のトラブルを防ぐために、離婚公正証書を用意しておくのもいいかもしれませんね。