人間関係を泥沼にしない為の離婚協議書について

昨今では離婚が珍しくなくなってきました。
しかし、離婚率は上昇の一途を辿っていくのと比例して、離婚後も親権や養育費の支払い、慰謝料などを巡ってトラブルとなっているケースも増えています。
離婚を決めた時にはもう二度と顔も合わせたくないと思うものですが、後々まで様々な問題を引きずるのはお互いにも、子供にも良いとは言えません。
ここは一つ冷静になって、離婚前に離婚協議書を作成しておきましょう。
離婚協議書を作成する中で、問題点が浮き彫りになり、もしかすると離婚を回避することが出来るかもしれません。
また、離婚が回避できなくても、後々までの泥沼の人間関係になってしまうよりは、離婚協議書で諸々の条件についてお互いに合意出来ているほうが精神的に楽だと思います。