離婚を決めたなら「離婚協議書」作成を

離婚を決意するのは、生半可な気持ちではできませんよね。
慰謝料はどうなるのか、財産の分与はどうなるのか、家はどうなるのか、などなど。
子供がいればなおさらのことで、子供はどちらが引き取るのか、養育費はどうするのか、など離婚に際して取り決めることはとても多いのです。
ここで注意するべきなのは、「口約束はあてにならない」ということ。
その場で口約束しても、後々になって「言った、言わない」でトラブルになることは意外と多いのです。
そこで、トラブル回避の為にやっておくべきことは「離婚協議書」の作成です。
「離婚協議書」があれば、夫婦間で取り決めたことがきちんと文書化されていますので、万が一トラブルになりそうな時でも安心。
「離婚協議書」は夫婦間で作成することもできるようですが、後々のことを考えると行政書士などプロにお任せした方がより確実かもしれませんね。